• 名古屋の情報を発信するWEBマガジン
analoguelife

昭和初期の日本家屋を利用した雰囲気のあるカフェ

「Analogue Life(アナログカフェ)」は、暮らし周りのアイテムを中心に取り扱っているセレクトショップです。

元々は日本人とカナダ人のオーナー夫妻が日本の古い家具調度類を海外に発信していこうという考えで始められたプロジェクトです。

そのため店内には日本家屋だけでなく海外の住宅にも十分に使用していくことができるアイテムが並んでおり、近年流行している昭和のレトロモダンに対応をしていくことができます。

「Analogue Life」が運営しているお店ももとは昭和初期に建てられた日本家屋をそのまま流用したもので、店内を歩いているだけで当時の落ち着いた日本的生活を感じていけます。

お店を開くきっかけとなったのはオーナーの実家であるカナダに帰省したときのことで、このとき各店舗でデザイン性の非常に低い日本製の家具が北欧家具とならんで 販売されていたのを見かけたのだと言います。

そこで日本でもデザイン性や機能美の高い製品があるということを世界的に伝えたいと思い、この「Analogue Life」を立ち上げたのだということです。

取扱商品となっている婦人服は主に妻である日本人の手によって行われ、それらをPRする写真撮影やWeb制作は夫が行なっています。

開店以来こだわっているのは顧客が購入してその製品を手元に置くまでのプロセスなのだそうで、受け取った人がより感動を大きく日常で使用していけるかということを意識して店作りをしていると言います。

様々なシーンで役立つグッズがたくさん

先に言っておきますが、「Analogue Life」で購入できる家具類は決して安い価格水準ではありません。
例えば「ジョージピーターソン・スツール」といわれる有名なブランド製品となると、小型の一人用の椅子であっても73,500円というかなりの高額になってきます。

他にもインテリア商品はかなり高めの水準で設定をしているので、ただ展示会として見る場合と自宅インテリアで購入をする場合とではしっかり区別をして置くほうがよいと言えるでしょう。

なお「Analogue Life」では公式サイトよりオリジナルグッズの販売をしていますので、地元でもお店に細かく足を運べないという人はそちらを利用してみるのがよいのではないかと思われます。

通信販売で購入できる品物としては、オーガニック素材で作られたコットンバッグや手ぬぐいを中心とし、他にもうちわや燭台、ろうそく、生活用品など多岐にわたっています。

うちわなど季節限定の製品もあるので、普段からオーガニックにこだわる人はぜひ「Analogue Life」の公式サイトをチェックしておいてもらいたいです。