• 名古屋の情報を発信するWEBマガジン
エレキギター

名古屋が産んだラウドロックバンド

「lynch.(リンチ)」は愛知県名古屋市出身のメンバーによって結成されたラウドロックを中心としたバンドです。

結成は2004年からですが2010年まではインディーズとして活動をしており、メジャーデビューしたのは2011年に入ってからのことです。

バンド名である「lynch.」は暴力的なイメージを持つものですが、この名称をあえて使用したのはきちんとした信念があってのことであると言います。

バンドの楽曲の作曲作詞を手がけるのはボーカルでありリーダーである葉月ですが、バンド名を付けたのも彼です。

過去にインタビューで語った内容によると、あえて「lynch.」という刺激的な名称を付けたのは「リンチ」という言葉を聞いて最初に浮かぶイメージを暴力ではなく自分たちの音楽にしてほしいという願いを込めたからということです。

その一方で自分たちの音楽で積極的に誰かを救いたいとかなにかを伝えたいというような思いは持っていないのだそうで、メッセージ性はバンド活動においては特に意識をしていないのだといいます。

「lynch.」はラウドロックをメインにしていますが、ボーカルの葉月がバンドを結成するきっかけとしたのは「LUNA SEA」や「黒夢」といったV系バンドであり、特に黒夢の清春がシャウトしているところに大きな影響を受けたとのちに語っています。

シンプルかつ短めの曲がこだわり

「lynch.」の楽曲はラウドロックをメインとしつつも、オルタナティブ・ロックやメタルコア、ハードコアパンク、スクリーモ、オルタナティブ・メタルと他ジャンルに渡っています。

しかしいずれの楽曲にも共通しているのは「ライブで映える」ということで、楽曲制作も基本的に音源とすることを前提にするのではなくライブでノリの良かったものを選ぶようにしています。

葉月が楽曲を作る時に意識しているのは、「歌詞」はあくまでも曲を活かすためのものであり抽象的なものであるということです。

ただ過去には特別に歌詞に特別な意味をこめた楽曲も制作しており、特に何か枠組みを設けてその範囲で音楽活動をしようという方針はとっていないようです。

V系バンドの多くが一度は直面するのが、自分たちのバンドは「V系」であるかどうかという問題です。

90年代に登場した「V系」という言葉は、音楽性ではなく見た目で勝負するという「音楽性の否定」的な意味もあったので、本格的に音楽に取り組んでいるバンドの中には「V系」と言われることを嫌うところもあります。

しかしlynch.はそうしたこだわりは特にないようで、自分たちの音楽を聞いて「V系だ」と思うならそれでもいいとしていつつも、「V系だから聞かない」といった聞く前から偏見はやめてほしいと伝えています。