• 名古屋の情報を発信するWEBマガジン
スタジオ

90年代を圧巻したビジュアル系バンド

「黒夢(くろゆめ)」といえば90年代の音楽シーンを知っている人なら誰でも楽曲を耳にしたことがあるはずの超ビッグネームです。

90年代といえば、今となっては懐かしい最もCDの売上枚数が高かった音楽業界の最盛期でした。
中でも90年代のミュージックシーンを圧巻したジャンルの一つに「V系(ビジュアル系)」があります。

「V系」とは1992年頃から増え始めた化粧をして独特の黒系ファッションをしたバンドのことを「ビジュアルショック系」と呼んだことから始まった名称で、その後も同様の路線でバンド活動をする後輩たちが続出していくことになりました。

「V系」バンドというジャンルを最も大きくしたのは「X JAPAN」と言われていますが、その背後にはたくさんの独自路線で音楽を追求したバンドがありました。

むしろ「X JAPAN」は最も商業的に成功したバンドであり、あえてメジャー路線ではなくライブハウスでのバンド活動やマニアックな曲作りを続けていったバンドも確実に存在していたのです。

その中の一つが「黒夢」であり、もともとは名古屋を中心に活動するバンドとしてV系が有名になる以前の1991年より活動を開始しました。

結成当時よりインディーズシーンでは絶大の位カリスマ性があり、同じく名古屋を拠点として活動する「Silver-Rose」とともに名古屋2大巨頭と言われていました。

メンバーの入れ替わりと活動休止など

黒夢の主要メンバーはボーカルの清春とベースの人時の二人です。
しかし過去にはギターの臣やドラムの鋭葵、同じくドラムのHIROといったメンバーが一時的に加入をした時期がありました。

もともと黒夢は別のバンドで活動していたメンバーが集まり、1991年に岐阜県で結成されたものです。
インディーズ時代には名古屋を中心とする中京圏でライブ活動をしていましたが、その過激なパフォーマンスは他のV系バンドとは一線を画すものでした。

メジャーデビューは意外に遅く1994年のことでしたが、その直後にメンバーが失踪するなどさまざまな事件があり、結果的にバンドの中核として残ったのは清春と人時のみということになってしまいました。

その後90年代にはインディーズ出身のバンドとしてはは異例の大ヒットをいくつも作っていくのですが、1998年のツアーを目前にして突然に無期限活動停止の方針が発表されました。

清春と人時は活動休止発表後にそれぞれ別のバンドを立ち上げるなど個別の音楽活動に入っており、2009年には一夜限りの復活としてライブを行いそこで正式に解散を発表しました。

その後再び活動が再開はされたものの、2016年には「黒夢」という商標が公買にかけられるなど、パンクな活動が続いています。