• 名古屋の情報を発信するWEBマガジン
大須商店街

名古屋市を代表する商店街「大須」の有名店

名古屋市で最も活気のある商店街といえばやはり中区の大須でしょう。
大須は栄のやや南、地下鉄大須観音駅を中心に展開している商業地域です。

大須商店街は大須観音駅とちょうど並行に伸びている大須本通と門前町通を中心に展開しており、観音通・仁王門通・万松寺通・東仁王門通・裏門前町通・新天地通など複数の通りからなっています。

エリア内には約1200以上もの店舗や商業施設があり、その種類も様々です。
お店は非常に個性的なものも多く、全国的に見てもお店の種類の幅が相当に広い商店街であると言えます。

手羽先やひつまぶし、赤味噌料理などおいしい「名古屋めし」文化が発展しているので、食べ歩きにも最適
引用 │ 名古屋のリゾバはリゾバ.com

商店街を散策しながら名古屋グルメに舌鼓というのも楽しそうですね。もちろん沢山の飲食店も連なっています。

年齢性別国籍を問わず、アンダーグラウンドシーンのようなお店であったり、明るいメジャーな品物を扱うお店であったりするという、踏み入れた人を魅了する街となっています。

「hipster(ヒップスター)」は、大須商店街内の赤門通に面した場所にお店を構える個性的なセレクトショップです。

参考>>hipster

取り扱っている洋服はフランス・パリのシャツブランドである「COTON DOUX」を始めとした海外ブランドが中心です。

その他にもスタッフが厳選した古着類も取扱されており、名古屋市内でも特にユニークなファッションを探すことができるお店として知られています。

他のお店では買えないシャツ類に注目

「hipster」の最大の目玉商品は何と言っても奇抜なデザインをしたシャツ類です。
お店ができたのは2016年と商店街の中でも比較的新しいのですが、他のお店では見かけることができない非常に個性的なデザインのシャツを販売しているとして一気に知名度を高めました。

商店街に面したお店はショウウィンドウから既に珍しいシャツがずらりと並んでおり、初めて周辺を訪れた人も思わず足を止めてしまいます。

ユニークなプリントをしたシャツ類の多くは「COTON DOUX」から仕入れたもので、海外セレブにも熱狂的なファンのいるデザイナーズブランドです。

一つ一つのプリントも非常に個性的なのですが、特徴的なのが年間100以上の新作デザインが発表されるということです。

そのため常に同じ品物が置いてあるというわけではなく、訪れるたときに売られている品物はそれがなくなったらおしまいというふうになっています。

シャツだけでなく靴などアクセサリー小物にも定評があり、中でもロサンゼルスのブランド「Jeffrey Campbell」の女性向けシューズはかなり目立ちます。

名古屋は全国的に見て派手なデザインが好まれる土地柄であると言われています。
こうしたセンスの良い派手さを備えたセレクトショップが人気となるあたり、やはり名古屋は良いところだなと思ってしまいます。