• 名古屋の情報を発信するWEBマガジン

大型商業施設が続々と誕生する名古屋

愛知県にある名古屋市は日本の5大都市の一つであり、中部地域最大の人口を有する都市です。
JR名古屋駅周辺は近年都市開発が積極的に行われており、2017年4月には「JRゲートタワー」が開業するなど大型複合ビルが数多く建築されています。
名古屋市は現在、目まぐるしく変化しており、それだけに多くのビジネスチャンスがあると全国的に大きな注目を受けているエリアです。

愛知県は地理的には太平洋側の中部地域南部に位置しており、伊勢湾・三河湾に海岸線を面した地形をしています。
広い海岸線は海空のアクセス環境が良好で、古くから中京工業地帯の核となってきました。
大企業の工場やメーカーの本社も愛知県内に多く見られており、商工業の大企業が数多く活動をしています。

名古屋市は愛知県内でも「尾張地区」に分類されており、伊勢湾の入江の入り込んだ知多半島の西側付け根の部分にあります。
2018年には名古屋城の新たな城下町として「金シャチ横丁」がオープンする予定となっており、「テラッセ納屋橋」という商業店舗とオフィス施設が一体となったビルも完成したことで、今後ますます多くの人が集まって行くことでしょう。

名古屋市でビジネスをするなら貸会議室

名古屋市内で商業活動をしている人や、これから名古屋方面にビジネスを進出させようと考えているなら、便利な「貸会議室」のサービスを覚えておくと便利です。
日本有数の商圏である名古屋では、ビジネスをするための場所を借りるとなると、かなり大きな費用がかかってしまいますので、大型会議室のような頻繁に使用をしない施設については自社で所有をするのではなく、都度レンタルをするというのがよいでしょう。

名古屋市内には「ナディアパーク」や「ポートメッセなごや」「ユースクエア」といったレンタル可能な会議室を有する公共施設もありますが、やはり使い勝手や施設の綺麗さといったことで比較をすると民間施設の方が優れています。

貸会議室は誰でも手軽に利用をすることができ、ほとんどが主要駅から徒歩圏内にあるため、県外からもアクセスしやすいというのが大きなポイント。

ここは名古屋市だけではなく、全国各地で貸会議室サービスを展開しているところで、プロジェクターなどの最新設備が利用できるほか、休憩室も完備されているので長丁場の会議や打ち合わせでも問題ありません。
さらに、専用コーディネーターが在籍しているので、人数に合わせた適切な広さのレイアウトなどを提案してくれるというサービスも。

また、AP名古屋は全室に窓がついているので、開放的な空間で新しいアイデアを練るにも最適です。
普段は名古屋市に住んでいなくても、出張などで名古屋に来て急遽会議をしなければいけないとなった場合でも、こうした設備も整った場所であれば安心ですね。